トップページ > インフォメーション > 初心者用ワルツ・参考アマルガメーション

初心者用ワルツ・参考アマルガメーション


ワルツ: waltz(ウォルツ)、: valse(ヴァルス)、: Walzer(ヴァルツァー))または円舞曲(えんぶきょく)とはテンポの良い淡々とした舞曲、及びそれに合わせて踊るダンス(⇒ワルツ (ダンス) )のことである。舞曲としてのそれは3拍子であるのが一般的である。西オーストリア・南ドイツハプスブルク帝国)起源で、13世紀頃から今日のチロル州バイエルン州の農民が踊っていたヴェラー (Weller) というダンスから成立した(言葉自体はフランス起源という説もある)。

ヴェラーは、ゲルマン文化初の男女が体を接して共に回るダンスであったが、汚らわしいという理由からハプスブルク帝国時代、長年に渡って法律的に禁止されていた。しかし監視の目が届かないアルプスの渓谷の奥では、厳しい生活の中、ヴェラーは農民の数少ない娯楽であった。このヴェラーが16世紀に入ってからインスブルックなどの都市に住む住民にも伝わり、渓谷に住む農民のみではなく、各町村の住民も踊るようになる。しかし都市の住民は当時農民が躍っていたような激しい動きは好まず優雅さを好んだことから、ヴェラーを段々と上品化していき、ヴァラー、そしてワルツに発展していく。あまりの人気のため、ハプスブルク帝国は法律の改正を余儀なくされ、当初はチロル州でのみ、最終的にはオーストリア、そしてハプスブルク帝国全体で解禁される。

 

 

ワルツ・クォーター・ターン(コーナーまで繰り返す)

コーナー・チェンジ(コーナーで)

ワルツ・クォーター・ターンの7~12歩

最初にかえる

 

ワルツ・クォーター・ターン(1~2回)

左足からスクエアー(数回)徐々に左回転鹿部斜めに面して終わる

ワルツ・クォーター・ターン(数回)

コーナー・チェンジ(コーナーで)

 

 

左足からのクローズド・チェンジ

ナチュラル・ターン

右足からのクローズド・チェンジ

リバース・ターン

左足からのスクエアーで次の壁に面す

   ※ フロアーの広さにより、コーナー迄ワルツ・クォーター・ターンを繰り返す。

 

ご注意

ページのTOPへ

お問い合わせ・入会お申込み